• 会社案内
  • 採用情報
  • 製品情報
  • WEBカタログ
  • カスタマーサポート

TOP > 会社案内 > 沿革

会社案内

沿革

1941年(昭和16) 7月 田渕製作所の名称でバルブコック水栓器具の製造を開始する。
初代社長 田渕昌喜が大阪市で創業。
1954年(昭和29) 大阪市水道局より指定の許可を受ける。
1960年(昭和35) 1月 日本工業規格表示工場(JlS)の許可を受ける。
1964年(昭和39) 5月 本社を現在の大阪市平野区瓜破南2丁目1番地56号へ移転する。
1965年(昭和40) 7月 本社工場が給水栓(全種)の日本工業規格表示工場(JlS)の許可を受ける。
11月 工場標準化実施優良工場として大阪通商産業局長賞を受賞する。
1969年(昭和44) 3月 資本金6千万円に増資する。
4月 日本水道協会指定検査工場となる。
1970年(昭和45) 6月 (株)タブチフォーセットの工場が稼働に入る。
1972年(昭和47) 6月 東京都中野区に東京営業所(現:東京支店・品川区)を開設する。
1973年(昭和48) 7月 資本金1億2千万円に増資する。
1974年(昭和49) 5月 (株)タブチフォーセットが給水栓の日本工業規格表示工場(JlS)の許可を受ける。
1975年(昭和50) 4月 仙台市に仙台営業所(現:仙台支店)を開設する。
5月 資本金1億5千万円に増資する。
福岡市に福岡営業所(現:福岡支店)を開設する。
1978年(昭和53) 11月 初代社長 田渕昌喜逝去に伴い田渕邦彦が社長に就任する。
1979年(昭和54) 3月 資本金1億7千5百万円に増資する。
12月 名古屋市に名古屋営業所(現:名古屋支店)を開設する。
1983年(昭和58) 6月 (株)タブチフォーセットが日本水道協会指定検査工場になる。
11月 二代社長 田渕邦彦の逝去に伴い田渕宏政が社長に就任する。
1984年(昭和59) 8月 鹿児島県国分市に鹿児島出張所(現:南九州営業所・鹿児島市)を開設する。
10月 那覇市に沖縄出張所(現:沖縄営業所)を開設する。
1986年(昭和62) 10月 高崎市に高崎営業所(現:北関東支店)を開設する。
1991年(平成3) 4月 広島市に広島営業所(現:広島支店)を開設する。
7月 商号を(株)タブチと改称し、新シンボルマークを制定する。
1993年(平成5) 10月 静岡市に静岡出張所(現:静岡支店)を開設する。
1994年(平成6) 1月 土浦市に土浦出張所(現:土浦営業所)を開設する。
1995年(平成7) 6月 資本金を1億9400万円に増資する。
7月 (株)タブチフォーセットと(株)タフコが合併し、
(株)九州タブチを設立する。
1996年(平成8) 1月 資本金を3億2915万円に増資する。
1997年(平成9) 2月 実験塔「アクアホール」完成。
9月 資本金を3億5315万円に増資する。
1998年(平成10) 9月 ISO9001取得。
2000年(平成12) 11月 さいたま市にさいたま営業所(現:さいたま支店)を開設する。
2001年(平成13) 9月 環境 ISO14001取得。
2002年(平成14) 6月 札幌市に札幌支店を開設する。
10月 千葉市に千葉支店を開設する。
2008年(平成20) 4月 本社新社屋が落成。
2009年(平成21) 4月 金沢市に金沢営業所(現:金沢支店)を開設する。
2011年(平成23) 6月 盛岡市に盛岡支店を開設する。
2012年(平成24) 10月 岡山市に岡山営業所を開設する。
2013年(平成25) 3月 新潟市に新潟出張所を開設する。
2014年(平成26) 3月 ベトナム社会主義共和国のホーチミン市近郊 KIZUNA工業団地内にTABUCHI VIETNAMを設立する。
4月 大阪事務所として、SPオフィスを開設する。(大阪市中央区イトゥビル)
9月 横浜市に横浜支店を開設する。
国立市に多摩営業所(現:多摩支店)を開設する。
2016年(平成28) 2月 神戸市に神戸支店を開設する。
2018年(平成30) 5月 京都市に京都支店を開設する。

page up